ミノマイシンとダラシンtゲルはどっちがニキビに効果的?

ミノマイシンとダラシンtゲルは、両方ともニキビ薬として効果のある薬です。
ここで気になるのが、両者の違いと、どちらがニキビ薬として効果的かということ。

実際、
「ミノマイシンとダラシンtゲルは、どっちがニキビに効果的?あと違いは?」
といった質問が数多くされています。

ここでは、両者の違いを交えながら、どっちがニキビに効果的かを検証していきます。

ミノマイシンは、テトラサイクリン系の抗生物質を主成分としたニキビ治療薬。 
ニキビの元であるアクネ菌を殺菌したり、アクネ菌の増殖を抑制することで炎症を起こしづらくして、ニキビを予防するというもの。
テトラサイクリン系は、様々な細菌に効果的な抗生物質。
クラミジア、リケッチア、マイコプラズマ感染症などの他、肺炎、副鼻腔炎、中耳炎等などの治療にも効果的だと言われています。
色々な効果が期待できる分、下痢などの副作用や耐性菌があるというものです。

一方、ダラシンtゲルは、リンコマイシン系の抗生物質を主成分としたニキビ治療薬。
ニキビの元であるアクネ菌を殺菌したり、アクネ菌の増殖を抑制することで炎症を起こしづらくして、ニキビ予防するもの。
こちらは、塗り薬になります。
ダラシンtゲルも同じく副作用・耐性菌の恐れがあります。

副作用はかかりづらいものの、耐性菌は起こり易いといわれています。
どちらも症状の改善に時間がかかります。

細かな違いはあるにはあるようですが、使い方の違いについては医科学的な問題と言えるようです。
医師に尋ねてみると、細かな違いが見えてくるかもしれません。