ミノマイシンとディフェリンゲルの違いは?

ミノマイシンとディフェリンゲルは、共にニキビに効果的な抗生物質だと言われています。
ですが、ニキビに対しての作用はそれぞれ固有で全く違ったものとなっています。

ミノマイシンは、ニキビの元であるアクネ菌の増殖を抑えて次第に減らしていくことで、ニキビ自体を増やしづらくする効果が期待できると言われています。

一方、ディフェリンゲルの場合は、毛穴の皮脂詰まりを改善することで、アクネ菌自体が増殖しづらくすることで、ニキビ自体を増やしづらくする効果が期待できると言われています。

どちらも、ニキビ抑制効果があるにはあるのですが、アプローチ方法が異なってくるのです。
ですから、医師によっては両方処方される場合があるようです。

どちらにせよ、抗生物質なので、副作用や耐性菌があるということだけはしっかり認識しておくことが大切。
用法・用量を守って、医師の言われたとおり処方するように心がけてください。

これだけだと、両方ともニキビ増殖予防やニキビ予防にしか効果がないように思われます。
では、ニキビ跡に対してはどうなのでしょうか?

実は、ニキビ跡には両方とも目に見える効果は薄いと言われています。
それは、ニキビとニキビ跡はそもそも出来る原因が違っているからです。

ニキビ跡はすでに炎症が始まっている状態。
アクネ菌の増殖を抑制したからといって、炎症が止まるとは言えないからです。
そのため、ミノマイシンは効果がほとんどないといわれています。
同様に、ディフェリンゲルも炎症を沈静化するのが主の効果ではないため、効果は薄いと言われています。