ミノマイシンはニキビ跡にも効果があるの?

ミノマイシンはニキビ跡にも効果があると思われがち。
しかし、ニキビ跡にはほとんど効果がありません。
それは、ニキビとニキビ跡では原因物質や理由が異なってくるからです。

皮脂が詰まることでアクネ菌が増殖することでニキビが生じます。
ですから、ミノマイシンによってアクネ菌の増殖を抑制することで、ニキビ予防・ニキビ炎症予防効果があるのです。

しかし、ニキビ跡は違ってきます。
ニキビ跡というのは、すでに出来ているニキビが炎症して赤み・シミ・クレーターになったりするものを言います。
赤みの場合は、ミノマイシンが炎症を沈静化することで、改善される場合があります。
しかし、シミやクレーターになると話が違ってきます。

シミは赤みがメラニン色素によって色黒くなったもので、表面の炎症が引いているのがクレーター(内部では炎症は続いています。)。
ミノマイシンには、これらの問題を解決する作用は備わっていないようです。
そのため、ニキビ跡には効果が薄いと言われています。

逆にニキビ跡に何度も使用することで、耐性菌や下痢などの副作用を生じる恐れがあります。
ミノマイシンを使用するにあたっては、服用期間がきちんと定められています。(それだけ強い抗生物質というわけです。)
きちんと、医師の言われた通りに処方して、それでも改善されない場合は、もう一度その旨を医師に話すことが大切です。
くれぐれも、自分勝手に何度も服用するなんてことはしないようにしてください。