ミノマイシンって何の薬?どんな効果があるの?

ミノマイシンという薬をご存知でしょうか?

「ミノマイシンって何の薬?どんな効果があるの?」
といった質問がよくありますので、ここではミノマイシンについて紹介します。

ミノマイシンは、細菌の増殖抑制に有効な抗生物質と言われています。
中でも、ミノマイシンのようなテトラサイクリン系の薬でしか殺菌できない細菌があるので、大変重宝されているようです。
特に、グラム陽性菌・グラム陰性菌・クラミジア・リケッチアなどに有功だと言われています。

主な働きは、細菌が増殖するために必要なたんぱく質の合成を阻害するというもの。
このようにして、細菌の増殖を抑制することで、寿命がきたら次第に数を減らしていくのです。
細菌を直接攻撃するのではなく、細菌の増殖を抑制するため、体の健常な細胞に影響を与えるリスクはほとんどありません。
ただ、寿命を迎えるまでにある程度時間がかかるため、即効性は弱いと言われています。

主に、にきび、気管支炎、気管支肺炎、リンパ管炎、リンパ節炎、感染型食中毒などに有効だと言われています。
手術後の化膿止めという役割もあります。

抗生物質のため、服用にはより一層気をつけることが必要です。
それは、何度も服用することで、「耐性菌」という一般的な薬では治りづらい菌が出来る可能性があるからです。

きちんと、医師の話を聞いて、用法・用量を守って摂取することを心がけてください。