ミノマイシンって何の薬?どんな効果があるの?

ミノマイシンという薬をご存知でしょうか?

「ミノマイシンって何の薬?どんな効果があるの?」
といった質問がよくありますので、ここではミノマイシンについて紹介します。

ミノマイシンは、細菌の増殖抑制に有効な抗生物質と言われています。
中でも、ミノマイシンのようなテトラサイクリン系の薬でしか殺菌できない細菌があるので、大変重宝されているようです。
特に、グラム陽性菌・グラム陰性菌・クラミジア・リケッチアなどに有功だと言われています。

主な働きは、細菌が増殖するために必要なたんぱく質の合成を阻害するというもの。
このようにして、細菌の増殖を抑制することで、寿命がきたら次第に数を減らしていくのです。
細菌を直接攻撃するのではなく、細菌の増殖を抑制するため、体の健常な細胞に影響を与えるリスクはほとんどありません。
ただ、寿命を迎えるまでにある程度時間がかかるため、即効性は弱いと言われています。

主に、にきび、気管支炎、気管支肺炎、リンパ管炎、リンパ節炎、感染型食中毒などに有効だと言われています。
手術後の化膿止めという役割もあります。

抗生物質のため、服用にはより一層気をつけることが必要です。
それは、何度も服用することで、「耐性菌」という一般的な薬では治りづらい菌が出来る可能性があるからです。

きちんと、医師の話を聞いて、用法・用量を守って摂取することを心がけてください。

ミノマイシンって副作用はある?

ミノマイシンはニキビ治療に優れた抗生物質。
そこで、気になるのが副作用という問題。

実際、
「ミノマイシンって副作用はある?どんな危険性がありますか?」
といった質問が数多くされています。

ここでは、ミノマイシンに関する副作用について紹介します。

ミノマイシンは、大きく2つの危険性があります。
一つは副作用で、もう一つは耐性菌という問題です。

【副作用について】
・胃の不快感
・吐き気
・頭痛
・めまい
・あざや歯の黄ばみ
・アレルギー症状
・皮膚障害
・肝障害
といったものが特徴的です。
車の運転や危険な作業前に飲むのは控えた方がよいでしょう。
人によっては、軽度だったり重症化したりする場合があります。
きちんと医師に処方した後の症状についても相談してみることが大切になってきます。
用法・用量を守って摂取することを心がけてください。

もう一つの危険性は、耐性菌というものです。
強い抗生物質であるため、耐性菌も出来やすいといわれています。
自分で安易に摂取すると、薬では治療できない耐性菌がどんどん出来てしまう恐れがあります。

ミノマイシンが効くニキビと効かないニキビがあるけどなんで?

ミノマイシンを塗れば、ニキビはすべて治ると思っている方が多いのではないでしょうか。
ですが、ミノマイシンだけでは治らなかったという方も少なからずいます。

実際、
「ミノマイシンが効くニキビと効かないニキビがあるけどなんで?」
「ミノマイシンだけではニキビが改善されていない。ほかにも必要なのでしょうか?」
といった質問が数多くされています。

ミノマイシンは、ニキビに対して効かない場合もあるのでしょうか?

ミノマイシンは、ニキビの元であるアクネ菌の増殖を抑制することでニキビを予防してくれます。
しかし、アクネ菌の増殖を防ぐだけではニキビを完璧に予防することにはならないのです。
それは、アクネ菌の増殖を抑制しても、皮脂の詰まりが治っていなかった場合、アクネ菌は逃げ場がありません。
そのため、いくら増殖を防いでも根本的な治療にはなっていないのです。

また、アクネ菌の逃げ場がない上にどんどんアクネ菌は住み着き易くなるために、次第に薬だけでは効果が表れないなどになる可能性だって考えられます。
こうして、ニキビが治りづらかったり新たにニキビが出来たりする場合だって十分考えられます。

つまり、アクネ菌の増殖を抑制するだけでなく、皮脂の詰まりを改善したりして、アクネ菌自体を住み着きづらくすることがニキビ予防の根幹なのです。
ミノマイシンで一時的にニキビ予防ができても、一生ではありません。

問題は、日頃のスキンケアが大切。
保湿とクレンジングを毎日正しく行うことで、アクネ菌を住み着きづらくすることが、ニキビ予防には大切なのです。
ほかにも、すでに炎症が始まっているニキビに対しては、ミノマイシンは効果が薄いです。

ニキビなどの治療は、一度医師に診てもらうと安心して対応できます。

ミノマイシンはニキビ跡にも効果があるの?

ミノマイシンはニキビ跡にも効果があると思われがち。
しかし、ニキビ跡にはほとんど効果がありません。
それは、ニキビとニキビ跡では原因物質や理由が異なってくるからです。

皮脂が詰まることでアクネ菌が増殖することでニキビが生じます。
ですから、ミノマイシンによってアクネ菌の増殖を抑制することで、ニキビ予防・ニキビ炎症予防効果があるのです。

しかし、ニキビ跡は違ってきます。
ニキビ跡というのは、すでに出来ているニキビが炎症して赤み・シミ・クレーターになったりするものを言います。
赤みの場合は、ミノマイシンが炎症を沈静化することで、改善される場合があります。
しかし、シミやクレーターになると話が違ってきます。

シミは赤みがメラニン色素によって色黒くなったもので、表面の炎症が引いているのがクレーター(内部では炎症は続いています。)。
ミノマイシンには、これらの問題を解決する作用は備わっていないようです。
そのため、ニキビ跡には効果が薄いと言われています。

逆にニキビ跡に何度も使用することで、耐性菌や下痢などの副作用を生じる恐れがあります。
ミノマイシンを使用するにあたっては、服用期間がきちんと定められています。(それだけ強い抗生物質というわけです。)
きちんと、医師の言われた通りに処方して、それでも改善されない場合は、もう一度その旨を医師に話すことが大切です。
くれぐれも、自分勝手に何度も服用するなんてことはしないようにしてください。

ミノマイシンを塗り始めた頃は良く効いたのに全然効かなくなった

ミノマイシンを処方されている方がよく質問されている内容に、
「ミノマイシンを塗り始めた頃は良く効いたのに、全然効かなくなったけどなぜ?」
といったものがあります。

これは、どういうことなのでしょうか?

一つは、ニキビに対する耐性菌が生じた場合が考えられます。
ミノマイシンのような抗生物質は、効果が強い反面、体に悪影響をもたらす効果も高まります。
それが、下痢やめまいといった副作用や耐性菌といったものです。

ミノマイシンを用法・用量を守って服用しなかったり、一度に過剰に服用したりなどをしていると、ニキビ自体が何度もやっつけられないように耐性菌を備えてきます。
すると、ミノマイシンだけではやっつけられなくなってしまって、ニキビに効かなくなる場合があるのです。
抗生物質を服用する際に恐ろしいのがこの耐性菌なのです。

さらに、耐性菌はほかの薬で治るならまだしも、治らない菌が生じる可能性だってあります。
ですから、抗生物質を服用する際は、事前に副作用や注意点をしっかり知っておいてから服用することが大切です。
安易に服用していると、健康な体が突然病魔になったりする恐れだってあるのです。

ミノマイシンなどは個人で購入することも可能ではありますが、医師に診てもらった上で服用方法を事前にきちんと説明してもらって理解してから服用したいものです。
それでも、病院が遠かったり何度も通うのが大変という方は通販でも販売されているようです。
通販で購入された場合は、慎重に用法・用量を守って服用するようにしてください。

ミノマイシンを使ってると、なぜ牛乳やヨーグルトがダメなのか?

ミノマイシンを処方される際、医師から
「牛乳やヨーグルトなどと飲み合わせをしないようにしてください。」
と言われる場合があるようです。

ミノマイシンは、なぜ牛乳やヨーグルトと一緒ではダメなのでしょうか?

ミノマイシンは、牛乳やヨーグルトなどの乳製品と一緒に飲むと、薬の吸収率が下がってしまうからなのです。
薬の吸収率が下がるということは、薬の効き目がないということにつながります。

なぜ、薬の効き目がなくなるかというと、牛乳やヨーグルトに含まれているカルシウムにミノマイシンが結合してしまうからのようです。
このような現象はカルシウムだけに限りません。
アーモンドやピーナッツなどに含まれているマグネシウムも同様です。
ですから、ミノマイシンを摂取する際は、カルシウム・マグネシウム製品を避けて、白湯で飲むのがベストのようです。
ほかにも、特定の薬の併用も禁物とされています。
服用したあと、牛乳など飲みたくなった場合は、2時間以上時間を空けるなどして飲むようにすることが大切です。

ミノマイシンは抗生物質です。
ニキビ治療に大きな効果が期待できる反面、安易に使用していると副作用・耐性菌などの恐れもあります。
きちんと、処方された医師の話を聞いて使用することを心がけてください。

ミノマイシンとディフェリンゲルの違いは?

ミノマイシンとディフェリンゲルは、共にニキビに効果的な抗生物質だと言われています。
ですが、ニキビに対しての作用はそれぞれ固有で全く違ったものとなっています。

ミノマイシンは、ニキビの元であるアクネ菌の増殖を抑えて次第に減らしていくことで、ニキビ自体を増やしづらくする効果が期待できると言われています。

一方、ディフェリンゲルの場合は、毛穴の皮脂詰まりを改善することで、アクネ菌自体が増殖しづらくすることで、ニキビ自体を増やしづらくする効果が期待できると言われています。

どちらも、ニキビ抑制効果があるにはあるのですが、アプローチ方法が異なってくるのです。
ですから、医師によっては両方処方される場合があるようです。

どちらにせよ、抗生物質なので、副作用や耐性菌があるということだけはしっかり認識しておくことが大切。
用法・用量を守って、医師の言われたとおり処方するように心がけてください。

これだけだと、両方ともニキビ増殖予防やニキビ予防にしか効果がないように思われます。
では、ニキビ跡に対してはどうなのでしょうか?

実は、ニキビ跡には両方とも目に見える効果は薄いと言われています。
それは、ニキビとニキビ跡はそもそも出来る原因が違っているからです。

ニキビ跡はすでに炎症が始まっている状態。
アクネ菌の増殖を抑制したからといって、炎症が止まるとは言えないからです。
そのため、ミノマイシンは効果がほとんどないといわれています。
同様に、ディフェリンゲルも炎症を沈静化するのが主の効果ではないため、効果は薄いと言われています。

ミノマイシンとダラシンtゲルはどっちがニキビに効果的?

ミノマイシンとダラシンtゲルは、両方ともニキビ薬として効果のある薬です。
ここで気になるのが、両者の違いと、どちらがニキビ薬として効果的かということ。

実際、
「ミノマイシンとダラシンtゲルは、どっちがニキビに効果的?あと違いは?」
といった質問が数多くされています。

ここでは、両者の違いを交えながら、どっちがニキビに効果的かを検証していきます。

ミノマイシンは、テトラサイクリン系の抗生物質を主成分としたニキビ治療薬。 
ニキビの元であるアクネ菌を殺菌したり、アクネ菌の増殖を抑制することで炎症を起こしづらくして、ニキビを予防するというもの。
テトラサイクリン系は、様々な細菌に効果的な抗生物質。
クラミジア、リケッチア、マイコプラズマ感染症などの他、肺炎、副鼻腔炎、中耳炎等などの治療にも効果的だと言われています。
色々な効果が期待できる分、下痢などの副作用や耐性菌があるというものです。

一方、ダラシンtゲルは、リンコマイシン系の抗生物質を主成分としたニキビ治療薬。
ニキビの元であるアクネ菌を殺菌したり、アクネ菌の増殖を抑制することで炎症を起こしづらくして、ニキビ予防するもの。
こちらは、塗り薬になります。
ダラシンtゲルも同じく副作用・耐性菌の恐れがあります。

副作用はかかりづらいものの、耐性菌は起こり易いといわれています。
どちらも症状の改善に時間がかかります。

細かな違いはあるにはあるようですが、使い方の違いについては医科学的な問題と言えるようです。
医師に尋ねてみると、細かな違いが見えてくるかもしれません。